2017年2月20日月曜日

【学問のミカタ】英語学習のルール?

英語科目担当の中川知佳子です。
突然ですが、みなさんは英語を学習するときに、
どのような勉強方法を選んできましたか?
例えば、英単語はどう覚えてきましたか?

私が担当している総合教育演習(いわゆるゼミ)では
「英語学習を科学する」をテーマに、何となく選んでいる学習方法について、
「それは本当に効果的なのか」という疑問を持って研究しています。

さて、今回は「ルール」というテーマです。

英語のルールといえば何が思い浮かぶでしょうか。
真っ先に「文法」を思い浮かべる人がいれば、
必修英語科目の単位を取得しなければ卒業できない
・・・という大学の「ルール」を思い浮かべる人もいるでしょう。

第二言語習得という研究分野では
「規則/ルール」がつく専門用語はほとんどありません。
あるとしたら「文法」を指す場合でしょう。

研究においては、既に多くの人が同意するような説であっても、
「仮説(hypothesis)」のままであり、
数々の研究によって、常識だと思われていたことが覆ることもあります。

このようなケースに「日本人」が大きく関係している事例を紹介します。

「文法形態素の習得には自然な順序があり、それは普遍的である」という
自然習得順序仮説(クラッシェンという研究者が1977年に提唱)があります。
自然な習得順序は、次の通り。


習得の順番

文法形態素


進行形の-ing、複数形の-s、連結詞のbe


助動詞のbe、冠詞the/a


不規則動詞の過去形


規則動詞の過去 -ed、三人称単数現在の-s、所有の-'s

この仮説を知ると、
確かに、英語の3人称単数現在の-sを身に付ける(使いこなす)のは
難しいよね・・・と思えます。

けれど、日本人の場合、


という直感が働きます。

実際に、日本人英語学習者の習得順序を調べた研究では、
「自然な習得順序」と一致していませんでした。
日本人のデータから「普遍的である」という仮説は覆せそうです。

研究成果や時代のニーズによって、
「効果的な指導法(学習法)」と言われるものも、変化しています。

言語学習では「先生が言ったことが絶対!」ではありません。
教師も、自分が教わった方法や、体験した方法を教えがちです。
好みは人それぞれ。効果的な方法も人それぞれ。
「自分にとって効果的な学習方法は何か」を考えることが大切ですね。

ルールを守ることは大切ですが、
「常識」だと言われるものを疑うこと、確かめることも必要
・・・という話でした。

【学問のミカタ】2月のテーマ「ルール」
・経済学部ブログ「経済学とルールの関係性
・経営学部ブログ「実際の特長を広告で表現できない?!
・コミュニケーション学部ブログ「ルールブックにない"ルール"
・現代法学部ブログ「法も「ルール」~そんな「法」の学び方をお教えしましょう~

2017年2月2日木曜日

2016年度「総合教育研究」発表会レポート

2017年2月2日(木曜日)に「総合教育研究」の発表会が行われました。「総合教育研究」は卒業研究に相当し、多くの学生は「総合教育演習」で学んだ成果を発展させて、論文や制作にまとめあげます。

2014年度より全学共通教育センターの公式行事として発表会を催しています。今年は、澁谷先生・中川先生・高津先生・徐先生それぞれご指導の計4名の学生が発表しました。

20分の持ち時間を使ってそれぞれ発表したのち、さかんな質疑応答が行われました。上の番組に示したように、様々な分野の発表があるところが「総合教育研究」の特徴です。それらに対して様々な異分野の教員が質問・コメントし、学生たちは苦労しながらも一生懸命回答していました。分野の異なる聴衆に対してわかるように発表し、予想しない質問に対応するというところも、大切なトレーニングの場と言えるでしょう。


発表学生への表彰のようす
発表終了後、数名の教員からの講評がなされ、引き続き麻生センター長より発表学生をねぎらい表彰が行われました。

さらにすこし居残って、個別にさまざまな振り返りがなされました。

試験やその他多忙な中準備をして発表された学生さんは本当にお疲れ様でした。またご聴講いただいた学生、先生方に厚く御礼申し上げます。「地球の科学」ほか担当の新正が記しました。

2015年度「総合教育研究」発表会レポート(2016年2月3日)
2014年度「総合教育研究」発表会レポート(2015年2月2日)

2017年1月22日日曜日

【学問のミカタ】絵画から見えてくる中世の冬

 外国史Iなどを担当している高津です。毎日寒いですね。昨日は少し雪も降りました。しかし、拙宅には床暖房もエアコンもお風呂もあり、快適です。
 ところで、当然といえば当然ですが、中世ヨーロッパの人びとはこうした「文明の利器」の恩恵を受けることはできませんでした。
 ルネサンスの画家ハンス・ホルバインの描いた、ロッテルダムのエラスムスの肖像画があります(ルーヴル美術館の解説)。書き物に集中するエラスムスの様子を描いた作品で、繊細な学者の内面までも明らかにするかのような傑作です・・・が、ちょっと気になります。

 なんでこの人は家の中で毛皮のコートなんて着ているのだろう?

 しかし、考えてみれば当然のことかもしれません。ヨーロッパの冬は現在でも寒いですが、16世紀は「小氷河期」といわれ、一層寒かったようです。そしてエラスムスは生来病気がちでありました・・・ということを脇に置いても、最も根本的な理由はとても単純です。エラスムスの家には床暖房もエアコンもなかったのです。あるのはせいぜい火の周辺だけを温めることができる暖炉だけ。病弱なエラスムスならずとも、コートがなければ凍えてしまうでしょう。

 「機動戦士ガンダム・ユニコーン」にも登場した「貴婦人と一角獣」と呼ばれるタペストリー(壁掛け)があります。500年以上の時を経てもなお鮮やかな色彩を保ち、「中世の秋」の時代を代表する作品です。フランスのパリにあり、ほとんど海外に貸し出されることのないこの作品は、数年前に来日し、大きな話題を集めました。私も展覧会を訪れ、美しさに感動しました。
 しかし、中世の人びとにとって、「貴婦人と一角獣」はいかなる意味を持っていたでしょうか。偉大な芸術作品?いえいえ。彼らにとって、この作品は何よりも「防寒」のための「家具」であったのです。もちろん、「貴婦人と一角獣」の美しさは、時代を超えて全ての人びとに訴えるものでしょう。しかし、このタペストリーをエアコンの利いた快適な博物館で鑑賞することができる私たちは、中世の人びとよりもずっと恵まれているのかもしれません。

 歴史学は、時代、そして地域を異にする「他者」である人びとを理解しようとする試みです。しかしこれは時に難しい。それも「寒さ」とか「暑さ」とか、「恐れ」とか「喜び」とか、一見人間が普遍的に抱くような感情や感覚が、実は意外に実感できないものなのです。

 最後にもう一枚、現代とは比較にならないほど厳しい中世の冬を体感できそうな絵画を一枚紹介しておきましょう。ペーター・ブリューゲルの「雪中の狩人」(Wikipediaの解説)は、人びとを押しつぶしそうな冬の重々しさを示して余すところがありません。

【学問のミカタ】1月のテーマ「冬」
・経済学部ブログ「マシュマロ・テスト
・経営学部ブログ「通年商品でも冬の売れ方と夏の売れ方は違います。
・コミュニケーション学部ブログ「冬とシェイクスピア
・現代法学部ブログ「平等とは?

2017年1月17日火曜日

TKUサイエンスツアー 国立極地研究所見学

「地球の科学」ほか担当の新正です。

東経大では2011年度から「サイエンスツアー」で野外や様々な研究施設等を訪ねてきました。今年度からは、近隣の施設を尋ねようということで、2016年度第2回のツアーとして1月13日の午後に立川にある国立極地研究所に出かけてきました。

多摩モノレールの高松駅から歩いて極地研に向かいます。

到着後まず2班に分かれて、研究室を訪れます。一つは隕石関係の部署です。なぜ極地研究所で隕石なのか?実は南極では沢山の隕石が採取されており、それが極地研にアーカイブされています。南極の氷床で隕石が見つかる理由の解説をいただいた後、様々な種類の隕石(火星隕石や月隕石を含む)を実際手にとって見学しました(もちろん袋の上からです)。

もう一つはSHRIMP(高感度高分解能イオンマイクロプローブ)ラボラトリーです。日本に4台しかないマシンの2台がここにあります。これは、数ミクロンから30ミクロン径の一次イオンビームをプローブ(探り針)として試料に照射し発生した2次イオンを質量分析するというものです。特に地球科学に大きな影響を与えたのは、鉱物一粒一粒の微少領域からその形成年代を求めることができるようになったことで、地球で一番古い鉱物、一番古い岩石などがSHRIMPで決定されたこと、また極地研のSHRIMPで日本で一番古い鉱物粒子の発見(pdf)がなされた一方、世界で一番若い花コウ岩の研究も行っている旨紹介がありました。また共同利用機関として外部からの研究を受け入れていることも説明されました。

南極・北極科学館の外には犬の像が。
最初の越冬での犬ぞりの意義を科学館での
説明で伺いました。
これらラボ見学の後は併設の南極・北極科学館を簡単な概要説明を受けたのち思い思いに見学しました。

終了後立川まで移動して解散。お疲れ様でした。

人文・社会科学系の学部に所属する学生にとって、科学の成果を知ることも大切ですが、研究の現場を見ることが、より貴重な経験になるものと考えます。その点で今回ラボ見学をして現場の研究者から丁寧にお話を聞けたことは意義深かったと思います。

見学にさいしては広報室の宮下様、両ラボの今栄先生、堀江先生に大変お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

参考
TKUサイエンスツアー「音を科学する」リオン株式会社見学(2016年7月14日)
TKUサイエンスカフェ「ブラックホール、ビッグバン、そして次元 ~人に話したくなる宇宙のおはなし~」(2016年6月23日)
TKUサイエンスカフェ「コスモスを秋桜と書く理由、秋桜が春に咲く理由」(2016年11月10日)

2017年1月11日水曜日

海外ゼミ研修 ~ハワイでボランティアと研究調査~

 英語を担当しているカレイラです。私のゼミ(総合教育演習)の1つの目標が英語で日本文化を発信するということで、2016年の9月にハワイのホノルルで、小学校では折り紙を老人ホームでは落語と折り紙を英語で行ってきました。本ゼミには英語が得意な学生から苦手な学生までいろいろな学生がおりますが、各自の持ち味を生かしてどの学生も頑張って英語を駆使して日本文化を伝えてきました。以下は今回リーダとして頑張った伊藤君からのレポートです。

折り紙教室

 私たちはこの夏にハワイで現地の小学校でのボランティアとグループ研究の資料作成を目的とした合宿を行いました。

 小学校でのボランティアでは、小学2・3年生の子供たちに、折り紙でピョンピョンガエルやとんとん相撲などを教えました。この活動を行うにあたって前期の授業期間から、折り方を教える際に必要となる独特の言い回しを調べるなどし、準備を進めました。現地では事前準備のおかげもあり、各班とも子供たちとたくさんコミュニケーションを取ることができ、順調に活動を進めることができました。ここで意外だったのは、子供たちが日本についてよく知っていて、日本のアニメなどの話を多く話してきてくれたことでした。

 グループ研究に関しては、事前にインターネット等で調べた情報に加えて、現地にあるハワイ日本文化センターやビショップ博物館などで資料を集め、必要に応じて現地の人々に街頭調査を行いました。特に街頭調査の際には、一般の通行人の方に自発的に声を掛けて質問をしたので、英語力とともにコミュニケーション能力も鍛えることができました。

 今回のハワイの合宿ではバスでの移動やホテルのチェックインの際など普段の生活の中でも多くの場面で英語を話す機会があり、また、ボランティアワークや街頭調査でより自発的な英語でのコミュニケーションを行うことができたので、学ぶことが多かったです。

※この記事は「父母の会ニュース」第118号に掲載されたものです。

関連リンク
東京経済大学 国際交流のページ
海外ゼミ研修 ~ベトナムでの学生交流プログラム~(2016年度 関ゼミ)
海外ゼミ研修 ~英語で日本文化を発信~ (2015年度 カレイラゼミ)
海外ゼミ研修 in Hawaii (2013年度 新正ゼミ、榎ゼミほか) 

2016年12月17日土曜日

2016年度総合教育演習「ゼミ報告会」を行いました

「地球の科学」ほか担当の新正です。

12月10日(土)の午後に全学共通教育センターが開講する「総合教育演習」のゼミ報告会が行われました。この報告会は2012年12月8日にいわば経営学部のゼミ研究報告会のお力添えで1教室をお借りするような形で始まりましたが、その後徐々に定着してきて発表数が増え昨年度からは2教室で平行セッションが走る形になりました。今年も2教室に分かれて、11ゼミ19タイトルの発表が行われました。なお、経済学部・経営学部のゼミ報告会も昨年同様同日に揃って開催されました。

さて、13時30分にA309に集合してまず全学共通教育センター長の麻生先生から激励のご挨拶をいただきました。その後はA309、A310に分かれて、報告会が行われました。

5年目を迎えて行事として定着してきた感もあり、なかなかしっかりした発表が増えて来ました。おそらくゼミ活動の一つの目標としての意識をもってくれる学生・教員が増えて来たからだと思います。今年も多くの聴講者を迎えることができましたが、来年度のゼミ探しをしていると思われる1年生が結構いたことが印象的でした。また何名かOB・OGも訪れてくれました。

懇親会も盛況
個人研究からグループ発表、研究発表からゼミ活動報告と発表形式も多様であるだけでなく、話題の多様性も総合教育演習の報告会の特徴です。

一部マニアックな質疑が飛び交う中、休憩を挟みつつ夕刻まで報告会は続きました。今年は終了後みんなで簡単な懇親会を行いました。50名弱の学生・教員が会議室に集まりピザその他の立食のもとで話に花が咲きました。一部のゼミはそのまま流れて夜の街へ二次会に。

〆は関先生のスピーチで
東経大では一般教養科目を担当する全学共通教育センターの教員もそれぞれの分野を生かした「総合教育演習」を担当し、学生は学部専門の演習と同時に履修することもできます。また、「総合教育演習」の延長線上にある卒業研究である「総合教育研究」も履修でき、一昨年度からは「総合教育研究」の発表会も開催されています。2016年度は2017年2月2日の開催を予定しています。ぜひ聴きに来てください。


【過去活動の記事へのリンク】
「総合教育演習」ゼミ研究報告会のご案内(2013年度)
麻生ゼミ・相澤ゼミ 卒論発表会(2014年2月、翌年度からの「卒論発表会」の先駆けとなりました)
全学共通教育センター ゼミ報告会のご案内(2014年度)
全学共通教育センター ゼミ報告会レポート(2014年度)
2014年度「総合教育研究」発表会のお知らせ
2014年度「総合教育研究」発表会レポート(2015年2月)
2015年度全学共通教育センター ゼミ報告会のご案内(2015年12月)
2015年度全学共通教育センター ゼミ報告会が行われました。(2015年12月)
2015年度「総合教育研究」発表会レポート(2016年2月)
2016年度「総合教育演習」ゼミ報告会のご案内(2016年12月)


2016年12月10日土曜日

【学問のミカタ】日本人がノーベル賞を受賞してよかった!

 数学担当の阿部です.今年は東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏がノーベル生理学・医学賞を受賞しました. 日本人が受賞してほんとよかったですね.ブログのネタにも困らずに済んだというものです. さて,大隈氏は受賞後の会見を,次の言葉で結んでいます.

”私は「役に立つ」という言葉はとても社会をダメにしていると思っています。それで科学で「役に立つ」って、 数年後に企業化できることと同義語みたいにして使われる「役に立つ」という言葉は、私はとても問題があると思っています。 本当に役に立つということは10年後かも20年後かもしれないし、100年後かもしれない。 そういう何か、社会が将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかな、 ということを強く願っています。”
(東京工業大学「ノーベル生理学・医学賞2016 大隅良典栄誉教授 ノーベル賞受賞決定第1回記者会見 会見録」より)

  これを聞いたとき,「m9(`・ω・´) そう!!」とテレビにむかって声が出てしまいました. 数学をやっていると「それが何の役に立つの?」って質問はシャワーのように浴びますから. みなさんはどうですか?勉強するとき,役に立つことだけをやろうとしていませんか? もちろん役立つことを勉強したいと思うのは自然なことだと思います. でも,役立つことだけ勉強してたら,いつまでたっても夢中になる瞬間は訪れません. 「一芸を成し遂げた人は,何かに夢中になっていただけのこと」とタモさんも言ってました. 発明王エジソンの実験にまつわる逸話ですが, 彼の助手が「何ヶ月もこの実験に取り組んでいるのに、何の成果も出せないなんて悔しいです!」と言ったとき, エジソンは「いやいや、私はたくさんの成果を手に入れたぞ!何千もの事柄がうまくいかないとわかったんだから」と返答したそうです. 何かに夢中になっていると,役に立つことと無駄なことの区別なんて超越してしまうのでしょう. 大隈氏の言う「文化」もそういうところから生まれてくるのかもしれません. 何と言っても我々は「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」ので,文化的であることを大事にしてきた国民です. そういうものの中に豊かさの源泉があることをよく知っていたはずです.

  何かに夢中になれることは幸せなことです.人生を豊かにしてくれます. 文化的でない生活を送ることほど虚しいことはないです. みなさんが虚ろな人間にならないよう夢中になれるものを見つけられることを願っています.

【学問のミカタ】12月のテーマ「ノーベル賞」
・経済学部ブログ「取引費用とノーベル経済学賞
・経営学部ブログ「ノーベル賞のプロモーション効果
・コミュニケーション学部ブログ「ディランのノーベル賞騒動で思ったこと
・現代法学部ブログ「奥山ゼミの北欧ゼミ研修